帰化申請
  許可申請を支援するサイト
 在日韓国人  日本国籍
 
 Step0. 本当に帰化する?
 Step1. 要件の確認
 Step2. 法務局への相談
 Step3. 書類の収集・翻訳
 Step4. 書類を書く
 Step5. 提出・補正
 Step6. 受付(受理)
 Step7. 面談
 Step8. 許可
 Step9. 名義変更手続き

 能力要件  

帰化をするための1つめの条件は、住所要件です。
法律によれば、「引き続き五年以上日本に住所を有すること」となっています。
特別永住者であっても、あまりにも海外生活の長かった方や生活の拠点が海外にある方、今後日本で生活していく意識の薄い方はこの「引き続き」の部分で引っかかる場合がありますのでご注意下さい。

次に在留資格ですが、「留学ビザ」「就学ビザ」などのビザはこの「五年間」の計算に含まない、と解釈される場合が多いようです。
原則として5年以上日本に住んでいて、なおかつ「留学ビザ」「就学ビザ」以外の在留資格で3年以上経過していることが要件とされるケースが多いように思います。
(ただし配偶者や親が日本人の場合は、留学ビザから切り替えてすぐに申請ができる場合があります)

ちなみに、この条件は以下のようなケースで緩和される場合があります。
日本国民であった者の子(養子を除く)で引き続き3年以上日本に住所又は居所を有する者
日本で生まれた者で引き続き3年以上日本に住所又は居所を有し、又はその父もしくは母(養父母を除く)が日本で生まれた者
引き続き10年以上日本に居所を有する者


<<前へ   次へ>>
 

帰化申請専門家による帰化申請サポート
専門家にサポートの依頼を検討されている方はこちら。
59,800円〜
帰化申請帰化に必要な韓国書類の取り寄せと翻訳
基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・除籍謄本など
翻訳も付いてセットで19,800円






西村法務事務所TOP | 帰化申請 | 古物商 | 合資会社 | クーリングオフ | 韓国戸籍