帰化申請
  許可申請を支援するサイト
 在日韓国人  日本国籍
 
 Step0. 本当に帰化する?
 Step1. 要件の確認
 Step2. 法務局への相談
 Step3. 書類の収集・翻訳
 Step4. 書類を書く
 Step5. 提出・補正
 Step6. 受付(受理)
 Step7. 面談
 Step8. 許可
 Step9. 名義変更手続き

 帰化申請 源泉関係証明書  

主に以下のようなときに法人の源泉関係資料が必要となります。
○ご自身が会社の役員をされているとき
○同居のご家族が会社の役員をされているとき
○ご自身が給与所得者でも、親族の経営している会社からの給与所得のとき
○個人事業であっても、上記の場合でかつ従業員に対して源泉徴収しているとき

帰化申請で必要となるのは主に次の2つです。
1.源泉徴収簿(直近1年分)
通常会社に保存している一般的な源泉徴収簿のコピーが必要です。
(給与や源泉徴収の額が書いてあるものです)
申請者と同居の親族のものだけで大丈夫です。
2.源泉徴収の領収書(直近1年分)
源泉税を税務署に納付した際に控えとして貰える領収書コピーのことです。
通常、1ケ月毎か6ケ月毎に支払いされているはずですが、いづれの場合も直近で1年間分が必要です。


<<前へ   次へ>>
 

帰化申請専門家による帰化申請サポート
専門家にサポートの依頼を検討されている方はこちら。
59,800円〜
帰化申請帰化に必要な韓国書類の取り寄せと翻訳
基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・除籍謄本など
翻訳も付いてセットで19,800円






西村法務事務所TOP | 帰化申請 | 古物商 | 合資会社 | クーリングオフ | 韓国戸籍