帰化申請
  許可申請を支援するサイト
 在日韓国人  日本国籍
 
 Step0. 本当に帰化する?
 Step1. 要件の確認
 Step2. 法務局への相談
 Step3. 書類の収集・翻訳
 Step4. 書類を書く
 Step5. 提出・補正
 Step6. 受付(受理)
 Step7. 面談
 Step8. 許可
 Step9. 名義変更手続き

 帰化申請 名義変更  

新しい日本の住民票を手に入れたら、韓国の名前で登録しているものを全て新しい日本の名前に名義変更しましょう。

【運転免許証】
公安委員会など免許の内容を変更してくれる場所へ行き、本籍地と氏名を変更します。

通常は新しい住民票・免許証・印鑑があれば即対応してくれるようですが、事前に電話確認しましょう。

【パスポート】
日本のパスポートは新規で取らなければなりません。
韓国のパスポートは当然もう使えませんので、領事館等で返すことになります。

【重要な契約】
重要な契約などは後でもめないように名義を訂正しておくべきかも知れません。

【登記】
不動産や会社役員として韓国名で登記をされている方は、変更登記をしましょう。


<<前へ   次へ>>
 

帰化申請専門家による帰化申請サポート
専門家にサポートの依頼を検討されている方はこちら。
59,800円〜
帰化申請帰化に必要な韓国書類の取り寄せと翻訳
基本証明書・家族関係証明書・婚姻関係証明書・除籍謄本など
翻訳も付いてセットで19,800円






西村法務事務所TOP | 帰化申請 | 古物商 | 合資会社 | クーリングオフ | 韓国戸籍